type200 TYPE200 CUSTOM ハイエース 200系 TRH カスタム ワイド ワゴン
  LAST UP DATE:1
TOTAL ACCESS 
■K−BEEコイルオーバー
ケービーのコイルオーバーをフロントに入れてみました。全長調整式で減衰調整もついている現状では一番高価とされている足回りです。 また、リアについてはバネレートが変更された新型のコイルオーバーを入れてます。しかしながらこちらは全長調整式ですが減衰調整はついておりません。 全長を一番短くして装着したのですが2インチダウンの状況よりもリアについては10mm〜20mm程度車高があがってしまいます。つまり全長調整式ですが、ケースの関係でこれ以上短くすることができないので限界と思われます。

■ローダウン プロットダウンリーフ
ナローハイエース用のダウンリーフを購入し、ワイドワゴンに装着してみました。2WDよりは4WDのほうがまだ良い気がして、ワイドですが4WD用を選択してみました。 ダウンリーフを装着した場合、ブロックがないわけですのでリーフそのものがボディに近づきます。ケービーのコイルオーバーはノーマルリーフ+ブロックを想定しているため、ダウンリーフではでは全長が長いわけです。 ですのでその長さがそのまま車高に反映されてしまうわけです。※ジャッキアップしてますが、接地させてもコイルの長さ分の半分も縮みません。 とりあえずハイエース購入初期に買ってあったデイトナに戻してみました。角度が違いますが左の写真と比べても全長があきらかに違うことがわかると思います。本来ですとダウンリーフにはランチョなどのダウンリーフ用のショートストロークのダンパーを使用するほうが良いと思います。