type200 TYPE200 CUSTOM ハイエース 200系 TRH カスタム ワイド ワゴン
  LAST UP DATE:1
TOTAL ACCESS 

■初号機二の字シート製作 
まずは仮置きでおおよその位置決めと雰囲気を掴んでおきます。 ロックフォードの20cmウーファーを右最後部に設置予定です。 右側のシートのおおよその形となります。最前部の穴はリアヒーターの吹き出し口になります。 リアヒーターの吹き出し口は取り外すことが可能です。2の字シートの間のスペースを少しでも稼ぎたかったので吹き出し口は撤去しました。
この巨大なリアヒーターのおかげで
右側シートのほうが全長がながくな
ってしまいます。やる気になれば移
設も可能な感じです。
とりあえず固定していきます。このと
き少しでも強度を稼ぐため木工用ボ
ンドをたっぷり塗っておきます。
左側シートの最前部となります。穴
が開いているのはリアスピーカーを
埋め込むための穴です。
天板部分にはクッション材を使用します。
クッション材とウレタンマットをあわ
せ、その表面にレザーを張り込んで
いきます。
天板の裏面で余ったレザーをきれい
にカットしていきます。
2の字シートの側面にはモケットを
貼りこみます。乗用車ベースで考え
るならばレザーなどを貼りこみたい
のですが、私は機材を積む関係で
機材が接触してもダメージの少ない
素材を選択しました
セカンドシート右側側面のボルトです。ボルトをカットするのではなく溶接部分をこじってステイを撤去しました。
おおよその形になりました。 右側シート。フロント側面はスピーカ
ー、内側側面はリアヒーターの吹き
出し口をスピーカーグリルで誤魔化
しました。
左側シート。こちらはセカンドバッテ
リーなどを収納予定のためできる限
りスペースをあけてあります。