type200 TYPE200 CUSTOM ハイエース 200系 TRH カスタム ワイド ワゴン
  LAST UP DATE:1
TOTAL ACCESS 

■リアバンパー バックフォグ埋め込み加工
本来はこんな感じですごくシンプルです。私の車は寒冷地仕様ですので純正でバックフォグがついています。ですので配線をそのまま使用します。 まずは型紙をつくりそれで位置を決めます。この作業をしっかりやらないと散りつけ位置が曲がってしまったりしてものすごく手に負えない事態に陥りますので要注意です。 型紙のフチを油性マジックでなぞっていきます。これによってある程度の輪郭がバンパーにマーキングされることになります。 マーキングの内側でカットしていきます。まずはステップドリルやホールソーなどを使用して大き目の穴をあけてエアソーが入るスペースを作ります。気持ちの問題ですが周囲に養生テープを貼っておきます。
左リアのバックフォグの状態です。
上手に埋め込むことができました。
左右埋め込んで完成です。ただテ
ールランプが寒冷地仕様のため左
右が同じ形状ではありません。クリ
アの部分が右には1つしかありませ
ん。
点灯試験です。問題なさそうです。
純正テールから社外のテールランプ
に変更して、本来のバックフォグの
部分を利用してバックランプに変更
します。
スモール+バックフォグONの点灯状態です。かなり明るく光っています。これなら雨の高速道路でも後続車に存在をアピることができそうです。