ハイエース 200系 カスタム ワイド ワゴン
HIACE TYPE200 TRH214 CUSTOM
 



さらにオーディオカスタム

■ハイエース200系ワイド 純正サンバイザー バニティミラー&モニター加工
ハイエース200系ワイドのサンバイザーはまさにワイド!これは既製品では対応できません。 そこで純正バイザーを解体してモニターを埋め込むことにしましょう♪なんと中身のボードはダンボール・・・なかなか泣かせてくれます。 さっそく中身のボードを型紙にしてMDFでボードを作ってみました。純正の表面ビニールは再利用する可能性もあるので丁寧に上部だけをカットします。 さきに周りの針金のようなフレームにMDFを固定してあたりを見た後、モニターサイズに合わせてカットしていきます。
モニターを埋め込んだところです。多
少のテンションがかかるように出来
る限りカツカツにつくります。あとか
らでもMDFなら楽に削れます♪
今回使用するモニターはルームミラ
ー型のモニターです。これならばモ
ニター&バニティミラーの役割を1台
で出来そうです。
純正のスポンジ(厚みを出すための
もの)を再度使用するのは触ったと
きの質感をアップさせる目的です。
表側のスポンジまで出来ました。
裏側も同じようにスポンジを張りま
すが、こちらはルームミラーモニター
の固定ステー部分のでっぱりを響
かせないようにそこだけカットしま
す。
スポンジとスポンジの隙間(バイザ
ーワクの針金部分)を上にあるよう
な樹脂を流すツールで埋めていきま
す。最後に元々あったカバーを装着
します。
車体に装着する前に一度通電チェッ
クをしておきます。問題ないようで
す。※ここまでの作業工程中も何度
も仮固定段階でチェックを繰り返し
行います。
見た目的には完成しました。がしかし上部の表面ビニールの処理がやはりうまく出来ないので後日やり直す予定です。
バイザーミラーモニター×2枚、ルー
ムミラーモニター1枚、リアモニター
出力メイン用パナソニックモニター&
カロナビPVA9A2点灯状態
さらにヘッドレストモニター代わりの
シートバックモニター点灯状態です。

■ハイエース200系ワイド フロント小物入れモニター埋め込み加工
小物入れは奥行きこそは問題ないスペースなのですが、横方向にはあまり余分なスペースがありません。ですので基盤および液晶部分だけを使用してみます。※安いミラーモニターを分解して使用しています。 画面サイズを7インチとした場合、この小物入れのカットポイントはおおよそこのあたりでした。あまり手前でカットしてしまうと画面サイズよりも大きくなってしまうため見た目の悪いものになってしまいます。 ですのであとから地道に画面サイズに合わせてヤスリで削り落としていきます。 バリなどを除去しキレイにカット面を処理してから染めQで新たに塗りなおします。このときに断面にもスプレーを吹いておくとキレイに出来ます。
画面をホットボンドの強力タイプで固
定します。液晶裏面と基盤の間に
はゴム製の薄いマットを挟んであり
ます。
画面サイズより若干小さめにカット
することにより仕上がりをキレイに見
せることができます。
見える部分はきれいに仕上がりまし
た♪
埋め込みによってアンバランスになったため、インダッシュから2DINタイプのナビゲーションに変更しました。
奥にあった埋め込みモニターを手前
にオフセットしてみました。奥行き感
や高さが左右のモニターで統一され
たため見た目がすっきりしました。
余談ですが新型の楽ナビのステア
リングリモコンはデザインが良いで
す♪かなりカッコいいですよ〜




以前のオーディオカスタムを見る



Copyright (C) 2008 TYPE200.COM All Rights Reserved.